アマチュアがストックフォトサイトで稼ぐ工夫

最近では企業によっては副業を解禁する所も増えています。それに合わせてマスコミの情報番組でも、手軽に始められる副業について紹介される事もあり、始めてみようと思われる方が増えています。
そうした情報番組で取り上げられる副業としては、趣味の延長線上で取り組めるものが紹介される事が多いものです。その代表例が、手芸やDIYを活用したクラフト作品を専用のサイトで販売したり、写真が趣味の人にはストックフォトサイトがあると紹介されます。そして実際にサラリーマンや家庭の主婦でありながら、月に3~5万円稼げていると言った方の体験談を紹介される事も少なくありません。

こうした趣味の延長線上で取り組める販売系の副業は、詐欺まがいで騙される事もなく、登録すれば誰でも始められ、しかも作品の登録時には手数料も必要なく、損するリスクも全くない安全・安心な副業と言えます。けれど実際に取り組んで見ると、紹介された体験談の様に簡単に稼げるものではない事にぶち当たり、すぐに諦めてしまう方が少なくないのです。販売系の副業は、確かに売れなければ全く収入を得る事は出来ず、諦めてしまうのです。
しかし安全・安心で趣味として活動している延長線上で作品をアップすれば良いのですから、簡単にあきらめずに、少し工夫をして継続される事をお勧めします。

例えば、ストックフォトサイトではプロやセミプロがひしめき、素人の作品が簡単に売れるものではないのは事実です。それでも少し工夫をすれば、売れるチャンスは色々あるのです。
ストックフォトサイトは商用での利用が多く、人物が登場する企業がCMに利用できるシーンの写真が人気が高いのです。プロはモデルを雇ってこうしたシーンを撮影していますが、素人ではモデルを雇ったり、室内のシーンだからと部屋を借りたりして撮影すると言ったことまでは中々できません。

しかしお子様のいる方なら、お子様をモデルとして戸外で撮影すれば、こうしたニーズに対応した撮影も可能です。いかに自分の子供でもCM等に使用されるのは嫌だと思う場合には、2~3年寝かして置き、子供さんと分からないタイミングアップするという方法もあります。
さらにプロが余り狙わない写真で、ニーズがそこそこある写真を撮影するのも良いでしょう。例えば木成りのアセロラやマンゴーやサクランボと言った写真を植物園等で撮影するのも一つの方法です。こうした写真は、喫茶店やドリンク販売ショップ等でニーズが期待されます。

こうした視点では、近所の駅周辺の風景や街並みや商店街の写真にもニーズがあります。これは不動産屋が、物件の最寄りの駅や街を紹介する写真として利用される事が少なくないのです。
もちろん、プロ並みに大きく稼ぐ事は出来ません。しかし僅かでも稼げれば、写真撮影の励みともなるものです。損する事はないのですから、いろいろ工夫して、どうすれば売れるとか言った工夫に、新たな楽しみを見つける事が出来るはずです。

SNSでもご購読できます。