国内大手仮想通貨取引所がエンジンコインを新規に取り扱う

副業で人気を得ている国内仮想通貨取引ですが、2021年現在新たに国内仮想通貨取引所にエンジンコインと言う通貨を新規に取り扱うという取り決めが決定しました。この新しい通貨、エンジンコインですが、2009年に活動を開始したゲームコミュニティでゲームコミュニティとブロックチェーンの開発を担う会社がタッグを組むことで登場した仮想通貨です。

ブロックチェーンゲームと言えばゲームをプレイした方であればどのようなものであるかは知っているかと思われますが、要は元々はゲーム開発でブロックチェーンを利用してオンラインゲームを提供したりゲーム配信を可能としていたのですが、それにプラスする形で電子通貨としてエンジンコインを誕生させたのがこのゲームコミュニティ群です。

このコミュニティ軍の取り組みは従来の仮想通貨の概念とは異なり、ネットワークゲームなどのアイテムやビデオゲームなどのアイテムを電子通貨として売買することが出来る点が異なる点です。その為、口コミにおいてゲームをプレイしながら電子通貨を獲得することが出来ると当時話題になりました。

しかも、エンジンコイン自体の開発言語は多くのゲームエンジンと共通している部分があるためスマートフォン向けのゲームアプリにも組み込むことが出来、スマートフォン向けのゲームで電子通貨トレードを可能とすることもできるようになったのです。有名な物ですとマインクラフトと言うビデオゲームでエンジンコインの技術を生かすことが出来れば自由にプレイヤー同士がアセットを購入し売買を可能とすることが出来ると言われており、ゲーム内で売買取引を可能とすると言われています。

では、ゲーム分野だけにしか使用できない技術がエンジンコインなのかと言われると、そうではなくあくまでゲーム用エンジンに組み合わせやすいと言うだけで、実際には医療やその他の業種にも組み合わせることが可能で、端末を選ばずに動作することが可能であるプログラムであると言われています。

仮想通貨に限らずですが、動作可能端末と言う概念があり、端末が変わると動作しないプログラムと言う物は多いです。それらを考慮して作られたのがこのゲームコインと言う通貨で要は、汎用性が高いブロックチェーン技術を応用して社会福祉や娯楽にそのブロックチェーンの技術を組み込むことでさらなるゲーム性を持たせたり、社会福祉においては匿名性と言う機能を生かして地域に貢献することが出来るのがゲームコインであり、大手のゲーム事業者が開発に加わったため日本国内でも新規枠でエンジンコインを取り扱うことが決定したのです。

SNSでもご購読できます。