「ネットで副業を探しているけれど、どれがよいのかわからない」という方も多いですよね
今回は、そんな方に向けて、「プログラミングと仮想通貨投資」という所に絞って、どちらがおすすめなのかを解説します。

まず、プログラミングから解説します。
まず、プログラミングと一口に言っても、様々な種類があるのですよ。
・WEB制作
・アプリ制作
・ゲーム制作
他にも、様々なものがあります。
おそらく、副業としてやる方の多くは「WEB制作」になると思うので、今回はWEB制作に絞って解説しますね。

まず、プログラミングは、ある程度勉強する必要があります。プログラミングは【技術】ですから。
およそ数ヶ月程度の勉強時間が平均ですね。
プログラミングには、一つ大きなメリットがあります。それは「安定的である」という事です。
一度スキルを身に着けてさえしまえば、その後は安定的に副業として収入を得る事ができます。

次に、仮想通貨投資について解説します。
仮想通貨は、プログラミングとは違い、何ヶ月も勉強する必要はありません。
一冊、基礎的な本を読んだら、今すぐにでも投資ができるようになります。
また、勉強時間だけでなく、仕事の時間もほとんどありません。
そして、プログラミングとは違い、「莫大な利益」を生み出すことも可能です。具体的には、理論上では1000倍とかになったりします。
10万預けていたら、1億になるというわけです。「億り人」とも言いますね。

ですが、もちろんリスクもあります。価格の変動が他の投資に比べても激しく、場合によっては大損する可能性があります。

では、「副業としてやる場合」はどちらがおすすめなのでしょうか?
まず、副業としてやりやすいのは圧倒的に仮想通貨です。
それは
・時間がかからない
・すぐにできる
・労働量が少ない

この3つが挙げられます。
プログラミングの場合、本業をし終わった疲れた体で、もう一度体を奮い立たせて、勉強したり、プログラムを書いたりしないといけませんから。

ですが、もちろん「安定的に稼ぐ」という意味では、プログラミングの方が優位です。
より長期的な視点で、より着実に稼ぎたい場合は、プログラミングが良いでしょう。
ただ、やってみれば分かりますが、本業後に副業をするのは結構大変です。

仮想通貨には他にも、「副業禁止規定に縛られにくい」というメリットもあります。

今回は、プログラミングと仮想通貨はどちらが副業としておすすめなのかを解説しました。
参考になれば幸いです。